web未経験者OKの求人-スキルはどの程度必要?担当者のホンネと対策まとめ

Web未経験ok求人

こんにちは 三浦です。

今就職活動をしている方、これから転職を考えている方にとって、

求人でよくみかける Web業界 未経験OKという募集に興味を持つ方も多いのではないでしょうか?

なんとなく Web系の会社ってオフィスがおしゃれなイメージがあったり、かっこいいイメージがありますよね(笑)

今回はWeb系のお仕事に就きたいと考えている方に、求められるスキルと対策をまとめてみました。

自分も数社で面接を経験していましたが、応募者が気付いていないWebスキル以上に求められていることがあります。

Web 未経験OKってどんな求人?

Web業界未経験OK

Web未経験OKの求人ってこんな感じのものです。

【正社員】未経験OK!自社運営サイトの制作ディレクター
月給18万円~22万円

この未経験という言葉でよく勘違いしてしまいがちなのですが、あくまで実務経験がなくてもOKということで、

フォトショップやイラストレーターなどのWebスキル未経験でもOKということではありません。

残念ながら就職後、HTML・ CSS、Photoshopなどを一から教えてくれる優しい会社はほとんどないでしょう。 

ただ PhotoshopやHTML・ CSSなどWeb系のスキルを一通り勉強して、新しくWeb業界に飛び込みたい方にはぴったりな求人になります。

求人側のホンネ

さて 応募側的にはメリットのある求人ですが、企業側が未経験OKという求人を出す目的はどこにあるのでしょうか?

それは…

未経験者OKという表記をいれて、より多くの応募者からエントリーが欲しい!

これがホンネです。

経験者のみの求人にしてしまうと、エントリーがかなり減ってしまいます。

求人サイトに掲載するのにもお金がかなりかかってしまうので、企業側はより広く募集できるように未経験OKという文言を入れています。

 

未経験OK!の求人に求められるスキルと対策-アルバイト?正社員?

web業界求められるレベル

ここでは何件か求人をみて、どんなスキルをもとめているのか、面接時の対策をまとめてみます。

正社員としてWeb業界で働く人の求人イメージ

【正社員】実務未経験OK!ファッションECサイトのWebデザイナー

こちらはWebデザイナーの募集ですが、実務未経験OK!と書かれています。

入社後は、ネットショップのサイト作成やバナー作成、商品ページの作成などお仕事は多岐にわたるでしょう。

また1人で全て回すのは難しいので、他のスタッフと協力して仕事を進めていくことになります。

 

 正社員としてしっかりと働きたい方に求められるスキルと対策

まず応募する際にはしっかり企業側が求めてるスキルを確認しましょう。

必須スキル(技術面)

  • HTML・ CSSを利用し、ホームページを一人で作成した経験がある。(Dreamweaverなどのコーディングツールの利用を必須としている企業も多くあります。)
  • Photoshop、Illustratorを利用してサイトバナーなどを作成したことがある。

あるとさらに良いスキル

  • JavaScript(jQuery、Ajax)
  • PHP
  • WordPress

応募の際には、必ず今まで作成した サイトの制作物やバナーなどをデータとして持っていきましょう!

ポイント
1: 求人を出している会社のサイト(ネットショップなど)をみて、そのサイトで利用できそうなバナーなどを作って持っていくと、非常にポイントが高いです。

2: 制作物のサイトの企画図などの資料もあるとなおGoodです。(ディレクター求人などの方は必須)

また正社員の求人に応募するときにおろそかにしがちなのが、熱意や人柄です。

企業側は応募者のスキル以上に、今後一緒に働いていけるかを見ています。正社員を募集している企業の場合、チームで活動することが多くあります。

その際に円滑にコミュケーションがとれる人かは、大きな採用不採用の判断になります。

面接の時は、面接官の方と積極的にコミュニケーションをとりながら、

自分が入社することでどのような貢献ができるかなど、熱意を伝えることがとても重要です!

アルバイトとしての求人に求められるスキルと対策

【アルバイト】未経験OK★週3日&時短勤務も相談できる★Webデザイナー

 こちらの求人も未経験OK!と書いていますので、基本的にはフォトショップやイラストレーター、HTML・ CSSのスキルが求められます。

ただ、アルバイトでの募集と時短などでも可能ということなので、大きなデザインよりも小さなバナー作成やサイトの更新など作業的内容がメインになる可能性が高いです。(このあたりは事前に確認しましょう。)

単純作業が多くなることがよくありますが、初心者の方であまり大きな仕事をするより、最初は小さめの仕事で経験を積みたいという方はアルバイトの求人がおすすめです。 

必須スキル(技術面)

  • HTML・ CSSを利用し、ホームページを一人で作成した経験がある(Dreamweaverなどのコーディングツールの利用を必須としている企業も多くあります。)
  • Photoshop、Illustratorを利用してサイトバナーなどを作成したことがある。

ここの部分は基本的に正社員の方に求められるスキルと変わりません。

+αとして、細かい作業が得意などアピールするのがおすすめです!

Web系の仕事の場合、更新作業など細かい作業がたくさん発生します、それらをコツコツ丁寧に作業できることをアピールできるとポイントが高いです。 

やりたい仕事につくために!後悔しない仕事選びをしよう

自分のスキルに自信がなく、フォトショップやイラストレーターなどの経験を積みたい方

基本的なWebスキルは勉強したけれど、まだ自信がない方はアルバイト求人から始めてみましょう。

一度業界の経験をしておくと、自分のスキルの何が足りないのかがわかるようになりますので、そこで自信をつけてから、正社員を目指すのがスムーズだと思います。

  • サイトの更新作業
  • スクールのアシスタントスタッフ

などがおすすめです。

自分のスキルを存分に発揮してみたい方

自分のスキルに自信はあるけど、業界未経験で応募を悩んでいる方は、是非自信を持って応募してみましょう!

実際、結構未経験者の応募も多いです。

さきほども説明しましたが、企業がスキル以上に重要にしているのが、人柄や仕事に対するやる気になります。

企業で働く以上チームワークが重要になりますので、コミュニケーション力や企画力は重要です。

面接の際にはそのあたりをアピールできると、他の応募者との差別化になるのでおすすめです。

 

いかがでしたでしょうか?

Web系の仕事だからと言って、スキルがあれば採用!というものではありません。

スキルの面では面接の前にしっかり事前準備をして、企業が求めている人材になっていれば、採用されることでしょう。

今回は数社Web系の企業で、採用を担当した経験を元にまとめてみました。(あくまで個人的な体験を元にしております。)

是非参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です