ニッチ市場から世界一へ「Facebook」から学ぶ【Web起業のアイデア】

facebook起業のアイデア

こんにちは、本気のパソコン塾の三浦です。

〜Web成功事例から学ぶ、起業のアイデア〜

今回は、

mixiやGREE,モバゲーを抑え、日本でも一気に広まったFacebook(フェイスブック)

を取り上げてみたいと思います。

  • Facebookってみんな使ってるけど、会社は儲かってるの?
  • 無料だけど、どこで儲けているの?
  • なんでFacebookは成功したの?
  • 私でもFacebookみたいなサービス作って、起業できますか?

など、皆さんが抱く疑問をバンバン解説していきたいと思います!

 

「Facebook(フェイスブック)はもはや大手すぎて、起業の参考にならないよ…」

と思ったあなた!

フェイスブック創業者も、大手ライバルを蹴散らして成功したことを知ってますか?

是非参考にしてみてください。

この記事は動画で見ることが可能です。こちら

Facebook(フェイスブック)って、どのくらいの人に使われているの?【驚愕の数字】

facebookの利用人口

友達から家族、元カノまで、あなたの周りの多くの知人がFacebook(フェイスブック)を使っているかと思いますが、

現在どのくらいのユーザー数がいるのか知ってますか?

なんと!

世界中で、

17億1,000万人(2016年9月時点)

です。

凄い….としかいいようがないですね。

facebookユーザー推移
出典:GM-ch 世界40カ国のフェイスブック(facebook)人口推移 2015年1月

ユーザー数の増加もうなぎのぼり。

 

ちなみに、

日本国内だけでも

2600万人(2016年9月時点)

の利用者となっています。

これも凄い….

Facebook(フェイスブック)のメイン利用年齢層は

20代~40代男女

となっています。

 

こんなに成功しているFacebook(フェイスブック)ですが、

創業時は、決して楽な道のりではなかったようです。

 

Facebook(ファイスブック)成功の裏側にも、不安要素はあった。【巨大な強敵の存在】

facebookの大敵

2004年アメリカの名門大学ハーバードの一室で、

Facebookは生まれました(わずか12年前!!)。

 

当時アメリカでは、ネット上で他人とつながるSNSは既に世に広く浸透しており、

ライバルが多数存在していました。

 

特にアメリカではMyspaceと呼ばれる巨大SNSが既にあって、

ユニークユーザー数はなんと、2000万人近くもいたのです。

myspaceのサイト

 

こんな圧倒的不利な状況から、成功していくためにFacebook(フェイスブック)

はいくつかの強みを持っていました。

 

ここが今回の成功のポイント! です。

 

Facebook(フェイスブック)は大学というニッチ市場からスタートし、使いやすいデザインを心がけた【成功のポイント】

起業の成功ポイントターゲティング

SNSが既に一般的に利用されていた2004年当時、

「ネット上でオープンな繋がり」を求めていた若者は 巨人Myspaceに満足していましたが、

見知らぬ他人でもメッセージやコメントができてしまう点に、

信頼性の低さ(不安)を感じるユーザーが多く出てきていたのです。

 

見ず知らずの人からメッセージが来ると、

ちょっと”怖いなー”と感じる気持ちわかりますよね?

 

そこで、Facebookは

ネット上でも実際の知り合いとだけ繋がりたい!

と望んでいたユーザーに注目したのです。

 

成功ポイント1: クローズド(身近な)繋がりに特化した → 信頼性を高めた

Facebookはサービス開始当時、

ハーバード大学・スタンフォード大学といった、一流大学の学生メールアドレスを持っている

人だけが参加できるクローズドな環境でスタートします。

 

また、顔写真の登録や、本名のみ登録可能と徹底的にユーザー情報に信頼性を持たせました。

 

成功ポイント2: サイトデザインはシンプルに、誰でもわかりやすい快適に

シンプルなデザイン性

また、サイトのデザインは非常にシンプルなものにし、誰でも操作でき

ユーザーがコミュニケーションに集中できる環境をつくりました。

 

その結果、

Facebook(フェイスブック)は大ヒット!

わずか5年でMyspaceを抜き去り、急成長を遂げます。

facebookとmyspaceのユーザー数比較

出典: FACEBOOK DOMINATION VS MYSPACE FALL : DATA COMPARISON

 

2008年5月には日本語対応がされ、

mixiやモバゲー、GREEなど、既存SNS飽和していた日本に新しいSNSとして受け入れられます。

その後どうなったかは、皆さんも御存知のとおりかと思います。

知り合いとネット上で繋がりたい、ビジネスで利用したいと考えていたユーザー層から受け入れられ、今では多くの人が利用するまでになりました。

 

ユーザー数がこんなにいるなら、さぞ儲かっているんでしょう?【気になるお金の話】

起業で得られる儲け

はい。皆さんが気になるであろうお金の話です 笑

Facebookはどのくらい儲かってるの?

facebook決算

Facebookの2016年第3四半期決算

売上はなんと

70.1億ドル(1 ドル110円  計算で、7710億円!!!)

凄すぎて、もう実感が湧きません。

これは日本だけの数字ではありませんが、凄い金額なのはわかっていただけると思います。

がっちり儲かってますね^^

 

ちなみに

Facebookの創業者は、

マーク・ザッカーバーグ氏

マーク・ザッカーバーグさん

wikipediaより

2010年、「世界で最も若い10人の億万長者」の第1位に当時25歳の最年少でランクインし、推定総資産額は約40億ドル(約4400億円)

2016年 資産額はフォーブスの推計で517億ドル(約5.8兆円)に達し、世界で6番目にリッチな人物になっているようです。

夢がありますね〜 映画にもなりました。

 

ですが、

疑問に思いませんか?

会社としては、こんなに儲かっているのに、「Facebookでお金を払ったことないよな…..」

そうなんです。

おそらく殆どの人が1円も払ったことがないはずです

 

では、どうやってFacebook(フェイスブック)が儲けているのか….

その秘密を探っていきましょう!

 

Facebook(フェイスブック)儲かりの秘訣!それは広告にあり。【知らないうちに、あなたも売上に貢献しているかも】

起業成功で得られる利益

皆さんはFacebook(フェイスブック)で投稿などを、

何となくみているときに

 

このような動画画像見たことがありませんか?

facebook広告

これが、Facebook儲かりの秘密です!

 

上の画像で赤枠で囲っているのですが、これは広告

 

Facebookの利用者に自社の商品を知ってもらいたい!と考えている広告主のために、

Facebookが特定のユーザーに、広告を配信する仕組みです。

 

広告にはいろんな種類があって、

動画画像フェイスブックページの紹介などさまざま。

 

ユーザーが実際に広告をクリックしたり、

配信したユーザー数によって、企業はFacebookにお金を支払う仕組みになっています。

 

だから、Facebookは利用者からお金が貰えなくても、

会社としてはがっちり儲かってるんですね。

 

ちなみに、この広告配信ビジネスモデルは、非常に優れたビジネスモデルなんです。

その理由は…

 

優れたビジネスモデルの理由1: 原価がかからない!

Facebookは広告を表示するだけで、収益を得ることができるので

広告配信にかかるコストはほとんどありません

 

優れたビジネスモデルの理由2: 定期的に収入が入る!

ユーザー数が、明日突然0になることはほぼありません。

なので、ユーザーがいる限り広告を表示することが可能となり、

毎月安定した収益を生み出すことが可能です。

安定した収益は安定した経営の基本ですね!

 

私もFacebook(ファイスブック)のようなサービスを作って【起業】してみたい!!必要なスキルはなに?

起業に必要なスキル

こんな大きな成功、一度はしてみたいと思いますよね!?

そんな野心的なあなたを本気のパソコン塾では応援しています。

決して、夢物語ではありません、より現実性を高めるために身につけるべきスキルがあります。

 

Facebookの成功要因は、

サービスの差別化などの特徴や公開したタイミングも大きいですが、

創業者のマーク・ザッカーバーグさんがプログラミングスキルがあって、

自分が作りたい!と考えたサービスを、直ぐに作って公開できた

点も重要です。

そこで、FacebookのようなSNS系サービスを作る際に必要な、パソコンスキルをまとめました。

注意: ここで紹介するスキルは、Facebookで使われているものを紹介しているわけではありません。あくまでも類似サービスを作ることができるスキルだとご理解ください。

 

HTML・CSS(エイチ・ティー・エム・エル・シーエスエス)

ランサーズで使えるパソコンスキル

まずは、HTML・CSS(エイチ・ティー・エム・エル・シーエスエス)です。

こちらはWebサイトを作るために必要なとなります。

Javascript(ジャバスクリプト)も身につけると、よりサイトを作り込むことができます。

 

PHP(ピーエイチピー)

こちらはプログラミング言語で、サイト内で動く部分を作るのに必要です。

例えば、ユーザーの投稿を保存したり、データを表示したりする際に利用します。

 

MYSQL(マイエスキューエル)

データを保存するために必要です。一般的にデータベースと言われるものです。

SNSは膨大なデータを保存します。

Swift/Objective-c(スウィフト)

こちらを身につけることで、iPhoneアプリを作ることができます。

 

いかがでしたでしょうか?

Facebookのようなサービスを作ること自体は意外と簡単です。

ですが、そのサービスをいかに成功させていくのかは色々な戦略がありましたね。

ここが自分のサービスを作る(起業する)ことの面白さでもありますね!

この記事は動画で見ることが可能です。こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です