インターネットとWebサイト、違いわかりますか?意外と知らない仕組みを大解剖

インターネットイメージ

こんにちは三浦です。

インターネットとWebサイトの違い分かりますか?

分かる人にとっては、”全然違うじゃないか…?”と馬鹿にされそうですが 笑

意外と違いがわからない人も多いはず。自分も昔は違いわかりませんでした…

今回は インターネットとWebサイトの違いを簡単に説明していきます!

まずはこちら

インターネットって何だ?

インターネットイメージ

インターネットはよくネットと略されますが同じものです。

上の図で説明するとオレンジの線がインターネットだと思ってください。

簡単に説明すると

インターネットはパソコンとパソコンを繋ぐものです。

インターネットがつながっていると、国内にある別のパソコンだけではなく、外国のパソコンにもアクセスができるようになります。

ご自宅に、ネット回線を引く工事をされてかと思いますが、工事ではこの線を家につなぐ作業をしているのです。

スマホはネット回線がつながっていませんが、ネットが使えます。
これは、携帯電話用の電波を利用してネットにつながっているからで、パソコンでも無線Wifiというものがあります。こちらはまた後日お話することにしますね。

Webサイトってなんだ?

Webサイトの仕組み

では今度Webサイトは何かというと、ネット上に公開されているサイトのことを指します。

誰かが自分のパソコンでホームページやブログをつくり、世界中の人がアクセスできるようにしてあるものを言います。

Webサイトとは、ネットでみることができるサイトのこと

インターネットにつながっている人は、国内だけではなく外国のサイトをみることができるのです。

Webサイトの種類

いろんな種類のWebサイトが存在しますので、見ていきましょう。

ホームページ・ブログ

個人で作って公開しているサイトをホームページやブログと呼びますが、Webサイトのひとつです。

個人で公開しているブログだと、市川海老蔵さんのアメーバブログなんかが有名ですね。

コーポーレートサイト

 企業や国がつくって、自分たちの考えや企業理念などを公開しているサイトをコーポレートサイトといいます。

こちらは首相官邸のサイトです。国も世界中に情報を発信するため、サイトを運用しています。

オンラインストア

楽天市場やAmazonなど普段みなさんが利用している、ネット上のショッピングモールもWebサイトです。

一度は使ったことがある人も多い楽天市場

アメリカのサイトはなぜみれる?

ここでより身近に感じられるように、具体例で紹介します。

まずはこちらのサイトをみてみてください。

こちら

Walmart(ウォルマート)というアメリカのスーパーマーケットのサイトなのですが、普通にアクセスすることができると思います。

これって当たり前ですがすごいことなんです。

us

 

上の図を使って、説明します。

まず ウォルマートのサイトリンクをクリックした時に、あなたのパソコンから

“ウォルマートのサイトがみたい” という指示が発信されます。

その指示は家のネット回線を通り、近くの電線を経由して伝えられます。

電線は海の上にないんじゃないか?という心配はご不要です、

日本とアメリカの間にある太平洋の底に沈められている海底ケーブルがあって、そこを経由してアメリカ本土へ上陸し、

ウォルマート社のパソコンにアクセスし、サイト情報を取得します。

 

今度は逆の経路で家のパソコンまでサイト情報が戻ってきて、無事に表示されるのです。

 

普通に考えると、日本とアメリカの往復がそんなに早いはずがない!と思えますが、

インターネットだとこれができてしまうのです。これがインターネットの凄さと言われています。

 

いかがでしたでしょうか?

今回はインターネットとWebサイトの違いの説明をしてみました。

パソコンとパソコンを繋ぐインターネット

ネットで見ることができるサイトをWebサイト

これだけ理解できれば十分です!

次回もお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です